さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学 無料ダウンロード


北嶋廣敏 [6 years ago]

さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学 Book Coverオンラインでマンガを読む さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学 - 北嶋廣敏 eBooks (PDF, ePub, Mobi), じつは日本語は面白い!

「民」の語源は恐ろしい!? 
「十個」は「じっこ」?「じゅっこ」? 
日本最古の字は「まら」だった? 

日本語や漢字にまつわる、思わず誰かに教えたくなる雑学、知っているようで知らない話を91本収録! 
普段なにげなくつかっている言葉の「意外なルーツ」や「正しい使い方」がわかる!! 

著者略歴

北嶋廣敏(きたじま・ひろとし) 
文筆家。福岡県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。短歌・美術の評論でデビュー。古今東西のさまざまな文献に精通した博覧強記の読書人。面白くてためになる雑学系の著書は多くのファンを魅了している。 
主な著書に、『林檎学大全』(アディン書房)、『塚本邦雄論』(六法出版社)、『画家と自画像』(泰流社)などの評論のほか、『知識ゼロからの大江戸入門』(幻冬舎)、『「右」と「左」の面白ネタ事典』(PHP研究所)、『日本の「初!」雑学事典』(三笠書房)、『雑学帝王500』(中経出版)などの多数の雑学書がある。 

目次

第一章 言葉の源を訪ねよう 
1「月」と「スッポン」がどうして比較されるのか 
2「歩」「舞」「延」…ダイエットに失敗した漢字 
3「海」には暗いという意味がある 
4「流」は子供が水に流されていることを表わす 
5 「やたら」は矢と艝とは無関係 
6「本調子」はもともとは三味線の調子 
7「弱」の弓は儀式用の弓 
8「大立て者」はもともとは歌舞伎用語 
9「意地」はもともと仏教語 
10 「屋」は遺体を安置しておく建物 
11 「太つ腹」はもともとは馬の太った腹 
12 「卑怯」はもともとは「比興」 
13 「はんなり」の語源は花 
14 「からい」と「しょっぱい」の境界は浜名湖 
15 しだらがないのが「ふしだら」 
16 「総スカン」のスカンは「好かん」 
17 「留守」は家にいるのか? いないのか? 
18 「おざなり」のざは座敷 
19 「ふびん」の語源は不便 
20 「景気」は本来は景色のことだった 
21 「ふだん」は普段ではなく「不断」 
22 はしたの状態にあるのが、「はしたない」 
23 「うやむや」の語源は「ありやなしや」 
24 「けたたましい」と魂が消えてしまう 
25 「木で鼻をくくる」ことはできないはずだが… 
26 日本最古の国字は「まら」を意味する字 
27 「力士」と「関取」はどこがどう違うのか 
28 「あくどい」を漢字で書けば… 
29 「なしくずし」は悪くない 
30 「視線」と「目線」の違い 
31 「世」は十を三つ合わせた形!? 
32 「かわいい」のもとは恥ずかしい 
33 大帯をしない人は「紳士」にあらず 
34 「冗」のなかには、ひまな人がいる 
35 「知事」はもとは寺の雑事をつかさどる人 
36 「聖人」とは神の声が聞き取れる人 
37 「しょっちゅう」は「初中後」が変化したもの 
38 「一段落」の「一」は、いちか? ひとか? 
39 「十個」は「じっこ」か? 「じゅっこ」か? 
40 「頭角をあらわす」――人に角はないはずだが 
41 打ち付けるので「うってつけ」 
42 朝日新聞の「新」の字の不思議 
43 「宛字」は宛字である 
44 「主」の点は燃えている火を表わす 
45 「県」は恐ろしい字である 
46 「射程距離」の距離は不要 
47 「民」は目がつぶされて見えない 
48 「国」は戈で守られた武装都市 
49 「かまける」を漢字で書けば… 
50 「湯たんぽ」の「湯」は不要 
51 鞭で叩いておしえるのが「教」 
52 田んぼに雨を降らせるから「雨」+「田」=「雷」? 
53 「福」をもたらしてくれるのは神 
54 「魅」は長い毛をもつ怪物 

【第二章 文字の中の秘密さがし】 
55 プレジデントはいつ「大統領」になったか 
56 「おんの字」ってどんな字? 
57 寄席の最後の出演者を「とり」と呼ぶわけ 
58 「とうの昔」の「とう」とは? 
59 「数」のなかに米と女がいるわけ 
60 「異」のなかには鬼がいる 
61 「観」のなかにコウノトリがいる 
61 「観」のなかにコウノトリがいる 
62 「旧」のなかには鳥がいる、その鳥とは 
63 「気」という字には米が隠れている 
64 「党」のなかには黒が隠れている 
65 「尋」のなかには左と右がある 
66 「久」のなかには死体がある 
67 「真」のなかにも死者がいる 
68 「為」のなかにいる動物とは 
69 「根」には呪いの目が宿っている 
70 「荒」のなかには死骸がある 
71 「湖」のなかには牛がいる 
72 「兵」のなかには武器がある 
73 「突」の「大」は本来は犬 
74 「頁」にはもともとページの意味はない 
75 「泥」と尼との関係は 
76 「翻車魚」つてどんな魚? 
77 「ゆめゆめ」は夢々ではない 
78 「神」の申はもうすという意味ではない 
79 「監」の皿は食器の皿ではない 
80 「票」のもとの字では死者が燃やされている 
81 「休」は人が木の下でやすむことではない 
82 「あみだくじ」はあみだではない 
83 「恭」にはウンコという意味もある 
84 「やばい」はやばくない!? 
85 「文章」は文字とは関係ない!? 
86 「ビンタ」はそもそも何語? 
87 紙片を意味する「ビラ」は外来語? 
88 「ペケ」つていったい何語なの 
89 「楷書」の楷はどういう意味なのか 
90 「安山岩」の安山はどんな意味? 
91 「メッキ」はどこの国の言葉か

あなたが探しています 電子ブック さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学? あなたは今知って幸せになります. ザ・ さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学 PDFはオンラインライブラリで入手できます. 私たちのオンラインリソースで、あなたは見つけることができます さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学 またはあらゆるタイプの製品のためのあらゆるタイプの電子ブック. オンラインで読む さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学 eBook ここに.

ダウンロード さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学 沿って 北嶋廣敏 [PDF, ePub]

ダウンロードする方法 さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学 eBooks (PDF, EPUB) 無料で?. ダウンロードを開始するには、最初にログインする必要があります(すでにアカウントを持っています)。アカウントを持っていない場合は、最初に登録する必要があります。 アカウントをお持ちでない方は無料でご登録ください.
私たちのeBooksライブラリは実践されており、完全です。 無料で所有できるだけでなく、Appstore、Google Play、Windowsストアからダウンロードすることもできます。 このアプリケーションをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはラップトップに保存する。 そうすれば、すべての人がいつでもどこでも読むことができます.
登録に成功した場合は、無料でダウンロードできます さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学 沿って 北嶋廣敏 本を読むためのあなたのニーズと趣味のためのPDF電子ブックファイル、そしてまた他の電子ブック。 ここで利用できる電子書籍の総数は89,331冊に達し、確実に増え続けるでしょう。

掘り下げることなくPDF電子書籍の検索を簡素化しました。 また、オンラインの電子書籍にアクセスしたり、コンピューターに保存したりすることで、電子書籍で便利な回答を得ることができます さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学. 見つけ始めるには さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学, あなたはリストされている電子ブックの完全なコレクションを持っている私たちのウェブサイトを見つける権利があります. 私たちのライブラリはこれらの中で最大のものであり、文字通り何十万もの異なる製品が表現されています. また、関連する製品、ブランド、またはニッチのさまざまなタイプまたはカテゴリに適した特定のサイトがあることもわかります さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学 eBook PDF. だからあなたが探しているものに応じて、あなたはあなたのニーズに応じて電子書籍を選ぶことができるでしょう. このアプリケーションのすべての本は、読みたい人のための基本的なニーズに応じて完全に提供されています。 したがって、ダウンロードに関する記事 さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学 (Ebook). 役に立つかもしれません、ありがとう。

さまざまな質の高い読書本 さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学

知識を求めることは、学校に通ったり講義をしたりするだけでなく、学外からできるだけ多くの情報を増やすことによって行うことができます。いつでもどこでも情報や知識を得ることができます。本を読むことはあなたにとって非常に役立つ活動の一つです。重要な情報を掘り起こすだけでなく、質の高い本を読むことでいっぱいなので、あなたの自由な時間は無駄になりません 北嶋廣敏。

最も人気のある読書本は、小説、短編小説集、夢分析本などのフィクション本、および伝記、歴史、百科事典などのノンフィクション本です。 Shopeeholics、あなたの好きな本は何ですか?それとも日記をつけたいですか?通常、書くのが好きな人は間違いなく読むのが好きです。市場で販売されている本の多くは、著者のノートに由来していることは否定できません。どのように、あなたは正しく読むことに興味を持っていますか?

本を読むことの利点 さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学

読書は、脳を鍛え、心をリフレッシュするのに役立ちます。さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学 読むことによって、脳はその機能に従って完全に動くように訓練されます。本を読むことで、アルツハイマー病を予防することもできます。北嶋廣敏 アルツハイマー病は、人が自分の記憶や記憶を失うことを可能にする病気です。筋肉と同様に、脳もその活動の1つ、つまり読書で健康を維持する ように訓練する必要があります。

インターネット技術によってアクセスできるすべてのものの時代が成長しているにもかかわらず、本を読むこと(印刷されたもの)は、あらゆる種類の情報を含み、決して完全ではありません。北嶋廣敏 さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学 定期的に本を読むことで、幅広い洞察と多様な知識を得ることができます。

他の人の仕事に感謝することに加えて、本を読むことはあなたの周囲に間接的に前向きなエネルギーを提供することができます。北嶋廣敏 あなたの知識はますます広がり、あなたはあなたの若い兄弟や子供たちに幼い頃から読書への高い関心を植え付けることさえできます。さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学 もちろん、このアクティビティを行うことで感じる多くのメリットがあります。ポジティブに感じるために、もう一度読書への熱意を高め始めましょう!

無料ダウンロード さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学 by 北嶋廣敏

さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学 by 北嶋廣敏 PDF Free
さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学 by 北嶋廣敏 PDF DOWNLOAD
さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学 by 北嶋廣敏 無料の電子書籍
さらっとドヤ顔できる 言葉の雑学 by 北嶋廣敏 Full Download

人気の電子書籍